スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    日本最北のお城

    帰省 comments(18) trackbacks(0) くりじゃじゃ
    この3連休 夫の実家に法事に行きました。
    桜とお城で有名(でもないはてな
    道民でも知らない人がいっぱいいるから)な道南の町。

    くりじゃじゃの家から320~330?。
    くりりんとじゃじゃまるチビのmiiを連れ行ったので
    何回か休憩を取ると7~8時間。
    2時からの法事なので1時には着きたい。
    すると家を出るのは午前5時はてなΣ(°д°lll)ガーン

    前日の明け方からくりりんが下痢うんち
    準備のために仕事を早退することにしていたのに
    準備時間はくりりんの受診でなくなっちゃった汗
    (もっと前からしておけってことだよね落ち込み

    幸いたいしたことはなかったようで注射と薬で様子を見て
    休み休みで行くことでOKが出ました。

    高速道路を通ることにしたので6時に出発。
    途中で娘とmiiを乗せると3匹で大騒ぎ。



    予定より早く到着すると今は誰も住んでいない夫の実家に
    人が溢れ(兄妹3人とその家族だけなのに)
    くりりん・じゃじゃまるは右往左往。



    お墓は公園の中にあります。
    ちょっと解説(興味のない人はスルーしてね)
     
     このお城は戊辰戦争最末期に 
     新撰組の土方歳三率いる幕府軍によって落城した。
     その後廃藩置県により天守閣・本丸の施設をのぞくほとんどの建築物が
     取り壊された。
     天守閣は太平洋戦争後 役場から出た火事によって類焼。
     現在のものはコンクリート造りで中は資料館になっている。
     


     築城から現存しているのは
     
            旧寺町御門



     夫の実家の菩提寺です。
     この門はこのお寺の物ではなくお城の物なので、
     お城が再現された暁には返さなければならないのだそうです。

            本丸御門(国の重要文化財)


       本丸表御殿玄関(国の史跡北海道文化財)



     この玄関は私が初めて勤務した職場の玄関でもありました。

     
     ここに本丸を再現するとのことで 
     建物は解体され 職場は移転したけれど今もまだ原っぱのまま。
     石碑だけがぽつんと建っています。予算がなかなか・・・。



     玄関は再現されるまでプレハブ小屋に保管してあると聞いていたので
     今回このブログを書くに当たって調べていたところ
     天守閣の庭に再現してあると知りました。(上の画像です)
     
    私にとっては文化財というより懐かしい職場の玄関。
     切り取られ 玄関だけ 侘びしいたたずまいに涙。

    この3連休は北海道もお天気がよくないとの予報だったのに
    私たちには太陽がついて回ったみたい。

    朝のお散歩で会ったのはじゃじゃまるの天敵カラスではなくカモメ 
    それでも じゃじゃまるは一緒に記念撮影なんてできないと
    カメラの外での逃げ腰の姿 彼の名誉のために割愛させて頂きます。



    私はこの町に8年間住んでいたし、町を離れてからも夫の母がいたので
    毎年何回かは帰省していたから
    おいしいものはたくさん知っているし 有名なお土産もあるけれど
    ○○漬けだって羊羹だって私が好きだったお店のものは
    なくなっちゃったんだよね。
    跡継ぎがいなくて。

    そんな中で 今いちばんの私のお気に入り。
              あんぱん 



    また~って言わないで。栗山製菓のは ブレッドのあんぱんだけど
    これは焼き菓子だね。
    道民には有名な月寒あんぱんがあるけれど あの類

    帰路は日本海まわりで。
    せたな町のわっかけで休憩。

    ここは生ウニ丼だのいくら丼だのあわび丼だの
    海の幸がおいしいところです。

    のみならず くりりんが小さいとき
    寒さに震えながら外で食事をしていたら
    隅の席を鉢植えで囲って中に入れてくれた暖かいお店なのです。

    いるのがわからないくらいおとなしいねぇって
    くりりんは褒められたけど 今はじゃじゃまるがいるからねぇ。
    寒くても雨でも外の方があずましいから。

    あずましいってわからない? え~標準語だべさ。

    とってもいい天気で日向は暑いくらい。
    キャンプをしたり泳いだりしている人がいたけれど
    海水は冷たいだろうなあ。



    そんなこんなで 怒濤のような3日間が終わり 体力・気力の衰えに
    信じたくない年齢を実感させられるくりじゃじゃでした。
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM