スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    じゃじゃまるの 絵日記 くりりんは仮病か否かの問題

    日記 - - くりじゃじゃ
    JUGEMテーマ:いぬのきもち

    2月10日(火) 晴れ

    今朝突然くりりんがボクの真似を始めた。

    前足を出して肩を落としお尻は上げたまま

    腰の調子が良くない時よくこうやって腰を伸ばすんだ。

    ボクはすぐ元に戻って何回か繰り返すけど

    くりりんは何分もその姿勢のままでいたから

    「真似するな」

    とどついてやろうと近づいたら

    「どうした?」「大丈夫?」「どこか痛い?」

    みんなが心配そうに集まって来た。



    あ〜危なかった。

    ボクの方が先にくりりんに近づいていたら

    「じゃじゃ!くりりんになにしたの!?」

    とヌレギヌを着せられるところだった。

    「ボクの真似をしてるだけだべや」

    と言ったら

    「シッポだって下がってるしトイレだってどっこらしょと跨いで入ってるしょ。

     くりりんはじゃじゃとは違って仮病なんか使わないからね」




    オカアサン ボクガイツ ケビョウヲツカッタト イフノデスカ。

    マエニブログノタイトルニ ソレッポイノガ アッタヨウナ キハシマスガ。


    くりりんはご飯も食べず1日中寝ていて

    時々あの腰伸ばしポーズをしていた。

    伏せやお座りはできないみたいなのに

    お母さんやお父さんの首や膝では黙って寝ていたから

    やっぱり仮病じゃないかァ。




    2月11日(水) 晴れ

    くりりんの腰伸ばしポーズは少なくなり

    朝ごはんもいっぱい食べた。

    だから体もナマっていることだろうし鍛えてやろうと誘ってやったのに

    お父さんにへばりついて離れない。



    シッポをくわえてお父さんから引きはがそうとしても離れないから

    オモチャを持って行ってやったら舐め出した。



    取り上げたらさすがのくりりんも怒って追いかけて来るべと思ったのに



    遊ぶということを知らないのか?やってらんないや。


    2月12日(木) 晴れのち雪

    くりりんは腰伸ばしをほとんどしなくなったけれど

    トイレはまだ跨いで入ったり覗いて引き返してきたりするから

    心配してついて行ってやったら

    「じゃじゃ くりちゃんのジャマをするんじゃない」

    と叱られた。



    そんなことを言ってお母さんだってくりりんをジャマにしたじゃないか。

    くりりんはお母さんに抱っこしていたいのに

    ジャマと言って体の横を両手で挟んで持ち上げ

    「フンニャ」と鳴かせたんだ。

    だからボクが焦ってくりりんに近づくと

    「あらじゃじゃ心配して来たの?優しいね」

    ちがうわい!



    腰を触っても何でもないのにお腹が痛いのかなァと

    お母さんは心配していたけど仮病だってば。

    だってボクが散歩の準備をしていたら

    目も開けられないくらい調子が悪いですみたいな格好してたのに



    帰って来てオヤツをもらう時

    散歩にも行ってないくせに先にくりりんがお座りして待ってたんだゾ。




    気が向かなかったら何も食べず

    食べたい時に食べたいものを食べて

    毎日毎日ドテッと寝てばかり。

    だから体の調子がおかしくなるんだぞ。

    少しは動け!


    じゃじゃァそれって誰に言ってる?怒り


     

    くりりん&じゃじゃまる 冬休みの絵日記 かいじゅう居座り編

    日記 - - くりじゃじゃ
    JUGEMテーマ:いぬのきもち

    1月5日 月曜日 晴れ 文責;くりりん

    夏休みに引き続き冬休みもまたお姉ちゃんは自分の家に帰り

    かいじゅうがボクの家に居座ることになった。

    ボク達が五天山公園に散歩に行くとスキーを持ってついて来て

    お父さんのスキーで滑りたそうにしているじゃじゃまるに言った。

    「犬はスキーに乗れないの」

    自分だって転んでばかりで滑れてないだろうがちゅん



    「いい天気で暖かくて気持ちいいね」

    ボクが雪の中の散歩が嫌いなことを知っているくせに

    お母さんがあちこち連れ回そうとするので

    何回もお母さんと反対の方向へ歩こうとしてやったら

    「くりりんが嫌がるから車で待ってるわ」

    とお父さんに言って車に乗った。



    作戦大成功笑う

    だけどボクは知っている。

    お母さんの方がボクより雪や寒いのが嫌いだということを。


    1月6日 火曜日 雨 文責;じゃじゃまる

    「1月だと言うのに雨が降って散歩にも行けないし

     これでしばれたら滑って歩けなくなるし最悪」

    と言いながらお母さんとお父さんが

    畳の上にビニールシートやカーペットを敷いているので

    家の中でピクニックでもするのかと期待したら

    お姉ちゃんから依頼のかいじゅうの自由研究で

    部屋中が墨だらけになる恐れがあるからなんだと。



    ないことにかいじゅうが真剣な顔をしてるから

    からかってやろうと近づいたら

    「かいじゅうが筆を振り回したら墨だらけになるから

    あっちに行ってなさい」

    と追い払われた。



    「筆の持ち方も墨のつけ方もわからないのに書初めだなんて

     知らないということは恐ろしい」

    とお母さんは呆然としていた。




    1月7日 水曜日 雪 文責;くりりん

    お母さんと動物病院に行ったらすご〜く混んでいて2時間もかかった。

    かいじゅうやお父さんと留守番をしてたじゃじゃまるは

    ボクだけがお母さんと出かけたことが面白くなくて

    帰った途端ボクに攻撃を仕掛けてきた。

    それで怒られると今度はお母さんの後を追って離れず

    べったりお母さんにくっついていた。

    お父さんがいたんだからお父さんにくっついていればよかったべ。




    1月8日 木曜日 雪 文責;じゃじゃまる

    かいじゅうがどうしてもミートドリアが食べたいと言ってVIDAに行った。



    ボクは行儀よくチキンソテーやワンコステーキを待っていたのに

    シャチョーに拉致されてプールに連れて行かれた。

    「話が違うべ」

    と文句を言ったらセラピストのTさんが言った。

    「泳がないで食べるわけにはいかないしょ」

    かいじゅうがミートドリアが食べたいなんて言うから

    泳がされることになったのに

    ボクが泳ぐところが見えないと怒っている。



    「見たかったらもっと大きくなればいいべ」

    と言ってやったらカフェの椅子に乗って見ていた。



    いつもはプールやトリミングが終わって少ししてからご飯が来るのに

    今日は終わるともうテーブルの上に置いてあったから

    お詫びのしるしに早く頼んでくれたのかと思ったら

    くりりんの食べ残しだと言う泣く



    「食べ残しなんか食べられるか。新しいのを頼んでくれ」

    としばらく食べるのを拒否したけれど

    いつまでたっても新しいのは出てこないので

    仕方がないからくりりんの食べ残しで我慢してやったチッ




    1月9日 金曜日 曇り/雪 文責;くりりん

    家の庭でかいじゅうが遊んでいたので見に行った。



    じゃじゃが雪だるまの出来具合をチェックしに行ったら

    「オシッコをかけないでよ」

    と失礼なことを言うくせに



    「一人でかまくらを作るのは大変だから手伝って」

    なんて哀れな声を出す。



    誰が手伝ってやるか!

    ボク達は犬だからアナを掘るのは得意だけどナ爆笑


    1月10日 土曜日 曇り/雪 文責;じゃじゃまる

    ボクのカラス見張り台でかいじゅうがゴロゴロしているから

    どかせようとしたら

    「じゃじゃだけの場所って決まってないしょ。

     ここはみんなの場所だからね」

    と言う。



    だからかいじゅうがipadで太鼓の名人をしている時に

    「ボクにもやらせろ。みんなで順番だぞ」

    と言ったら

    「だめぇあかんべこれはかいじゅうだけのものだもん」

    本当に減らず口ばっかり怒り




    雪  雪  雪  雪  雪  雪  雪  雪  雪  雪  雪  雪  

    北海道の小学校の冬休みはもう少し続きますが

    かいじゅうはようやく無事ご帰還あそばして

    我家にもようやくいつも通りの日常が戻ってきました。

    くりりん&じゃじゃまる おまけのくりじゃじゃも

    かいじゅう居座りの疲れを癒すため少々休養が必要ですので

    今回もコメント欄は閉じさせていただきましたブタ















     

    じゃじゃまる&くりりん 冬休みの絵日記 年始編

    日記 - - くりじゃじゃ
    JUGEMテーマ:いぬのきもち

    1月1日 木曜日  晴れ 文責;くりじゃじゃ

    今度はかいじゅう母が40度近い発熱のため

    急遽私がかいじゅうを『妖怪ウオッチ』の映画に連れて行くことになった。

    混雑を覚悟で早めに家を出たが道路はスイスイ映画館はガラガラ。

    行ったのはJRタワー7階の札幌シネマフロンティアで

    私が最後にここで映画を見てから実に10年。

    なんと椅子の肘掛けに

    ポップコーンや飲み物を乗せるトレイがつけられるようになっていた。

    こんなことで驚くなんて私はもう生きた化石になりつつあるのか・・・沈

    いや!それなりの年齢層のフツーにはついて行かれないけれど

    小学生の流行にはバッチリ対応していて

    『妖怪ウオッチ』に出て来る妖怪はほとんど把握している筋肉

    でも・・・かいじゅうへのクリスマスプレゼントの

    『妖怪ウオッチすごろく』の遊び方は理解不能。

    すでに説明書なしで楽勝の方我家に遊びに来ませんか?




    1月2日 金曜日 晴れ 文責;くりりん

    今のかいじゅうのマイブームはルービックキューブルービックキューブ

    1面しかできないくせにこんなの簡単でしょと自慢しているので

    全部やってみろと言ったら

    「そんなのできるわけないしょ。くりりんやってみな」

    といつもボクのことを犬と言っているのを忘れたような顔をして言う。

    ボクにできたら犬なんかやっていないべチッ



    じゃじゃまるは相変わらず何にでもケンカを売るから

    かいじゅうにいいように遊ばれていた。




    1月4日 日曜日 晴れ 文責;じゃじゃまる

    明日から仕事のお姉ちゃんはM市の自分の家に帰り

    またかいじゅうが残されたショック

    ボクとくりりんがロープで遊んでいると

    「くりりんとじゃじゃがロープの奪い合いをしてる」

    と大喜びで割り込んできてくりりんの味方をした。



    そんなのえこひいきだべや怒り

    くりりんはかいじゅうに取り入るのがのがうまいからなァ。



    冬休みの絵日記『かいじゅう居座り編』(仮称)に続く…予定。

     

    くりりん&じゃじゃまる 冬休みの絵日記 年末編

    日記 - - くりじゃじゃ
    JUGEMテーマ:いぬのきもち

    12月28日 日曜日  文責;じゃじゃまる

    26日にやって来たかいじゅうは夜中から40度以上の熱を出し

    さすがにぐたっりしているのに

    日中は布団で寝るのは嫌だとコタツに入っていた。

    今日のお昼頃29日は仕事があるからと

    お姉ちゃんがM市に帰ってしまうと

    少し寂しそうだったので元気づけてやろうとしたら

    「じゃじゃ!かいじゅうが重いっしょ」

    とお母さんが怒った。

    でもかいじゅうは珍しく

    「重くないから大丈夫」

    としおらしい声で言った。

    ボクはお母さんと違って重くなんかないんだからな。

    いやァそういう意味では・・・(by;母)




    12月29日 月曜日 文責;じゃじゃまる

    お母さんが朝から台所にいて見えないことをいいことに

    くりりんがかいじゅうの上で寝ているから

    お母さんにチクってやったら

    「くりちゃんは軽いからいいの」

    と言った。

    そんなの差別だべと怒ったらかいじゅうの熱が37度台になったんだって。

    それじゃあボクはもう怖ろしくてかいじゅうの上になんか乗れないから

    あとはくりりんに任せることにした。



    夜にお姉ちゃんとお義兄さんが来てご飯を食べた。

    おすそ分けをもらいボクはちゃんと自分で食べたのに

    くりりんは寝そべったままお母さんからもらって食べていた。

    本当に横着な犬だな。



    お姉ちゃんがオモチャで遊びたいと言うから

    少し遊んでやったのに

    「じゃじゃならホントにおっかしいんだから」

    とボクのことをバカにした。

    もう遊んでやらないからなチッ




    12月30日 火曜日 文責;くりりん

    やっぱり少しくらいは片づけないとダメかなとブツブツ言いながら

    お父さんとお母さんが掃除を始めた。

    お母さんがオモチャの中に毛バタキを放り出したので

    ちょっと借りて遊んでいたら

    じゃじゃまるが何を勘違いしたのか唸って構えて威嚇した。

    だからお姉ちゃんにバカにされるんだぞ。




    12月31日 水曜日 文責;じゃじゃまる

    今日もお父さんとお母さんは掃除をしていた。

    邪魔にならないように居間の隅でおとなしくしていたのに

    掃除機に吸い込まれそうになった。



    くりりんがビビっているんじゃないかと探したら

    物で溢れかえっている和室で小さくなって震えていたので

    怖がらないようにずっとそばについていてやったわらう



    夜 お兄はバイトでかいじゅう達もいなくて

    お父さんとお母さんはなんにもしゃべらないで

    テレビを見ながらダラ〜っとご飯を食べていたから

    ボク達もダラ〜っとしているうちに2014年は終わってしまった。




    冬休みの絵日記『年始編』に続く・・・多分。






     

    くりりん&じゃじゃまるの絵日記 小春日和

    日記 - - くりじゃじゃ
    JUGEMテーマ:いぬのきもち

    10月24日(金)晴れ  文責;くりりん

    今日もポカポカととてもいい天気。

    2,3日前からまたじゃじゃまるの腰の具合がよくないみたいで

    今日も散歩の途中で歩かなくなりお母さんが抱っこして家に帰って来た。

    毎晩ボクに襲いかかるから罰が当たったんじゃないか。

    明日かいじゅうの学芸会だからと夕方お姉ちゃんの家に行った。



    夕飯はお姉ちゃんが作っておくわけもご馳走してくれるわけもなく

    当然お母さんのおごりでお寿司(回っているヤツらしい)だった。



    ボク達にはサーモンの一切れもくれないので

    ドジなお姉ちゃんがまたひっくり返すかもしれないと思って

    テーブルの下に潜り込んでお姉ちゃんの前に顔を出したら

    お母さんに引きずり出された。



    ひと口だけでいいからサーモンをぐで〜ぇと叫んだのはボクじゃない。

    じゃじゃだぞ。




    今日はかいじゅうの家には泊まらず

    地獄谷のすぐそばの硫黄の匂いがきついホテルに泊まった。



    お母さんはここのホテルに自分が小学校の修学旅行で泊まったけど

    プールができて温泉が縮小されたと残念がっていた。

    お父さんはここの温泉に入ったら少し腰の具合がよくなったそうだ。


    10月25日(土) 晴れ  文責;じゃじゃまる 

    朝ボク達を檻の中に閉じ込めてお父さんとお母さんはご飯を食べに行った。

    こんなところに閉じ込めて自分たちばかり美味しいものを食べてと

    腹いせにたっぷりオシッコをしてやったのに

    帰って来たお母さんに褒められた。

    狭い檻やカバンに閉じ込められた時はオシッコをしても叱られないんだな。




    かいじゅうの学校でお姉ちゃん達と待ち合わせた。

    落ち着きのないかいじゅうがまたじっとしていられなくて

    どんなことになるかボクも見て笑ってやろうと思っていたのに

    15分か20分だからとボクとくりりんは車の中に閉じ込められた。

    閉じ込めたということはここにオシッコをしてもいいんだなと

    頑張ってみたけどその前にたっぷりしてしまったので

    チョロっとも出なかった。


    かいじゅう達の出し物はダンスで



    みんなが動き回っているので

    いつも動いているかいじゅうも目立たなかったらしい。



    お父さんは月曜日まで休みを取っていたけれど

    ボクの腰の調子が悪いからと道の駅巡りはしないで

    まっすぐ家に帰って来た。

    な〜んか腰がニヤニヤするんダ。

    お母さんが時々心配そうな顔をしてるから

    心配をかけないようにくりりんを追い回したら怒られる。

    くりりんの目と耳を舐めさせてくれたら治るかもしれないと思うんだけどナァ。











     

    くりりん&じゃじゃまるの絵日記 小春日和

    日記 - - くりじゃじゃ
    JUGEMテーマ:いぬのきもち

    10月19日(日) 晴れ   文責;じゃじゃまる

    今日はボクがお父さんとお母さん・お兄・かいじゅう・くりりんを連れて

    五天山公園に行った。


    お兄がかいじゅうと自転車の練習をしている間



    ボク達はパークゴルフコースの周りを散歩した。



    ここに来ると

    ボクはお父さんやお母さんが離れないようにきちんと見張って歩くけど

    くりりんはやたらとノロノロになる。



    おまけにパークゴルフをしているおばさん達に

    「あら可愛いねぇ」

    なんて声をかけられると

    いつまでも顔を見上げてそこで立ち止まってしまうから最悪だチッ


    天気はいいしポカポカと暖かかったので人やワンコや自転車で溢れかえり



    焼肉のいい匂いが漂っていたので

    「ハラへった」とブツブツ言ったら

    お母さんが何か食べるかいと訊いた。

    「もちろん焼肉」よだれ



    でもボクの意見は却下されお蕎麦・チャーハン・おいなりさんetc・・・。

    そしてかいじゅうが言った。

    「これはくりちゃんやじゃじゃは食べられないから」



    もうかいじゅうなんか連れて来てやらないからなと帰りかけたら

    「きゃ〜狆だァ。」

    と女の子たちが走って来てボク達をもみくちゃにした。



    ビックリしてお母さんの陰に隠れたのに

    その子たちのお母さんが来て捕まった。

    くりりんは女の子たちに可愛いと言われてデレデレと

    地面に寝転んでお腹を出したんだぜ。信じらんない爆笑



    おばさんの家にいた狆が去年5歳で亡くなったんだって。

    てんかん持ちでと聞いてお母さんはショックを受けたみたいだけれど

    そのほかにも生まれつき小さくてあちこち内臓に病気があったって言ってたべ。

    お母さん ボクもくりりんも大丈夫だ。

    う〜んと長生きしてお母さんとどっちがひどい認知症になるか競ってやるから笑う

    おばさんの家には今

    ずっと前からいるポメちゃんたちと一緒に4か月の狆がいるんだって。


    今日はやたらと「狆だ」と声をかけられる日だった。

    そうかァ。犬だとばかり思っていたけどボク達は狆だったんだ驚く


    10月22日(水) 曇り

    茶々くんと茶々かあしゃんから丹波の枝豆が届いたハート



    こんな大きな粒を見たことがないとお母さんがビックリしながら早速茹でた。



    どうせまたくりりんとじゃじゃは食べられないと言うんだろうとあきらめていたら

    めずらしくボク達のを別に茹でてほんの1粒だけくれた。



    すご〜く美味しくてお母さんやお父さんがこぼさないかと顎の下にへばりついていたら

    「じゃじゃがそんなに好きならすりつぶして薬のオブラートにするかな」

    とお母さんが言ってボク達の分はすりつぶされ冷凍庫に入れられてしまったDocomo_kao19

    茶々くん 茶々かあしゃん

    美味しいオブラート枝豆をありがとうお礼













     

    くりりん&じゃじゃまるの絵日記 小春日和

    日記 - - くりじゃじゃ
    JUGEMテーマ:いぬのきもち

    10月18日(土) 晴 れ  文責;くりりん

    今週もまたかいじゅうが来た。

    かいじゅうが来ると朝起きた途端ボクの指定席が奪われる。



    ストーブがついていない時は

    日向ぼっこの場所が奪われる。

    だからかいじゅうの上で日なたぼっこをしてやったら

    じゃじゃまるが割り込んできた。




    朝ごはんを食べてから

    お父さん・お母さん・かいじゅう・じゃじゃまるを連れて

    初めての公園に行った。



    お父さんにかいじゅうを見張らせて



    ボクがお母さんとじゃじゃまるを散歩させているのに

    お母さんはボクと反対の大きな建物の方へ歩いて行こうとする。



    「そっちじゃない」と言ってもお母さんの馬鹿力にはかなわず

    着いたのは時々買い物に来るジョイフルエーケーだった。



    ジョイフルの隣にこんな大きい公園があると

    なんで今まで教えてくれなかったんだマジで

    今度からボクはこの公園でのんびり散歩しているから

    その間にお母さん達はじゃじゃまるを連れて買い物に行けばいいべや。


    次にVIDAに寄ってお昼ご飯を食べてから農試公園に行った。

    お母さんはボクとじゃじゃまるが疲れているから車で待っていると言ったけど

    疲れているのはボク達ではなくお母さんだったんじゃないか。

    車の中で居眠りしていたゾ居眠り



    かいじゅうとお父さんは約束の時間よりずいぶん早く車に戻って来た。

    農試公園には信号や標識が立ててあって

    自転車のルールを勉強できるようになっているんだけど

    漕ぎ出しがうまくできないかいじゅうは

    「だって信号があるんだよ。

    信号で1回停まったら動く前にまた赤になるんだもん。」

    とプリプリ怒っていた。



    それは信号が悪いのではなくかいじゅうが下手だからじゃないか?爆笑

    家に帰って来てからお母さんがかいじゅうにピーマン羊羹を食べるかと聞いて

    「ピーマン嫌い」

    「羊羹好きでしょ」

    「ピーマンにがいもん」

    「羊羹は甘いよ」

    と言い合いをしていたが

    ピーマン羊羹は封も切られずまだそのままになっている。

    お母さんボクはピーマンも食べるし羊羹は大好きです笑う







     

    くりりん&じゃじゃまる 夏休みの絵日記part3 終わりの章

    日記 comments(10) - くりじゃじゃ
    JUGEMテーマ:いぬのきもち

    8月13日(水) 晴れ 文責;くりりん

    昨日旅行から帰って来たばかりだと言うのにまた2時間も車に揺られて

    去年からお母さんが行きたがっていた北竜町のひまわり畑に行った。

    満開の時期が終わっていたのと台風の影響で倒れていたのとで

    一面鮮やかな黄色とは言えなかった。




    じゃじゃまるは看板が怖かったのか穴が怖かったのか

    逃げようとして暴れたのでこんな顔出し看板になってしまった爆笑



    迷路に入ると言うから出て来れなかったらどうするべとドキドキしていたら

    見通しがよく方向音痴のかいじゅうでさえ迷子になりそうもなかった。

    ドキドキしない迷路をダラダラ歩くのは嫌だなと思っていたら

    かいじゅうも同じ考えだったらしく

    最初の曲がり角でハチがいると大騒ぎして

    「もう出る!」と勝手に来た道を戻ってしまったので

    迷路は100メートルも行かないで終わってしまった。



    畑の上の方は満開らしいからとトラクターに乗ってひと回りしたけれど

    やっぱり満開は過ぎてたんだろうな。



    大きな倉庫のようなフードコートは

    カートに入ったらボク達もOKだと言われたのに

    だからってラーメンOK牛丼OKという意味じゃないべサと

    自分たちだけ食べてボク達にお昼ご飯抜きだったDocomo_kao19

    あそこに『ひまわりアイス』って書いてあるのに

    ひまわりアイスも買ってくれなかった。

    7月に用事があってこの近くに来た時

    道の駅に寄ってひまわりアイスを食べたんだけど

    お母さんの好みの味でなかったんだと。

    ボクはアイス・ソフトはどんな味だろうが大好きなのに。




    8月14日(木)

    かいじゅうがボクの大好きなトウキビ

    (ボク達はトウモロコシのことをこう呼ぶ)を食べていたので

    おすそ分けしてもらえるかとそばにへばりついていたら

    行儀の悪いかいじゅうが時々こぼす。

    ラッキーと思ったらお姉ちゃんが

    「わざと落としたらだめだよ。」と言った。

    ヘッわざと落としてくれてたのか驚く



    余計なことを言うお姉ちゃんだなと思っていたら

    またトウキビが落ちてきた。

    「かいじゅう!」

    「わざとじゃないよ。おしぼりについてたんだもん。」

    かいじゅうって本当はいいヤツだったんだな喜ぶ




    8月15日(金)

    買ってもらってすぐじゃじゃまるが壊して捨てられたのと同じオモチャを

    お姉ちゃんが買って来てくれた。

    お父さんがタグを切っていると

    「ボクのオモチャ。お姉ちゃんが隠してたんだな。返せ!」

    とじゃじゃまるが食い千切ろうとしたショック



    この調子だとまたすぐに壊してしまうと

    お母さんがじゃじゃまるから取り上げてボクにくれた。

    ここに隠しておくからじゃじゃが壊そうとしたらオモチャをしっかり守って

    自分が壊されるんだぞ。

    わかったか?お兄。




    8月16日(土) 晴れ

    庭で焼き肉をした。

    暑かったのでタープを張ったらじゃじゃが固まったショック



    だから頂き物の高級ワンコ用ソーセージを



    じゃじゃの分まで食べて日頃の仇を打ってやった。

    素晴らしくおいしかったピース



    タープが何もしないと解って

    じゃじゃがボクのラム肉も食べてやったぞと言ったけど

    ラム肉なんていつでも食べられるもんね。




    8月17日(日)

    朝からじゃじゃまるがかいじゅうにくっついているので



    「かいじゅうが帰るのが寂しいのか?」

    と聞いたら

    「違うわい!ここはボクの定位置だろうが。」

    と言っていたが

    お姉ちゃんとかいじゅうが帰ってしまうと気が抜けたような顔をしていた。



    そして車庫から上がって来るお父さんの足音が聞こえると

    吠えながらドアの前に走って行き

    お父さんが部屋に入った後も階段を覗きこんで

    ウオオ〜ンとかいじゅうを呼んでいた。

    やっぱり寂しかったんだべゆう★




    8月18日(月)

    やっとかいじゅうがいなくなって静かないつもの生活に戻った。

    朝散歩に行くとネコが3匹車道で寝そべっていた。



    2匹はボク達が近づくと慌てて逃げたが

    コイツだけはピクとも動かない。



    自動車が来たら危ないから吠えてどかしてやれとじゃじゃまるに言っても

    ボクの後ろに隠れて知らんぷりどころか逃げようとしている。

    そういえばこのネコこの間うちの庭にいたヤツじゃないか?

    やっぱり朝の散歩から帰って来たらうちの庭で図々しくくつろいでいたんだ。

    じゃじゃがウッウッと喉に何か詰まったような声を出したら

    お母さんが大笑いしながら

    「こんな時は思いっきり吠えて庭から追い出すのサ」

    と言ったんだけどウオウオと小さな声で鳴いただけだったんだちゅん



    お母さんが声をかけると逃げて行ったけど

    そこには山盛りの置き土産ウンチがあった。

    じゃじゃは完全にあのネコにナメられてるな。


    こうしてボク達の夏休みは終わった。

    夏ももしかしたら終わったかもしれない。

    いつまでたっても咲かない西洋朝顔。

    お母さんはうちには夏が来なかったんだろうかとブツブツ言っている。




    くりりん&じゃじゃまる 夏休みの絵日記 

               完

    長々とおつき合いありがとうございましたお礼













     

    くりりん&じゃじゃまる 夏休みの絵日記 わけあって号外

    日記 - - くりじゃじゃ
    JUGEMテーマ:いぬのきもち

    小旅行2日目の8月11日月曜日

    幸いなことに台風11号の影響をほとんど受けずに

    ホロホロ山荘を出発することができました。

    雨が降ったり青空が広がったりおかしな天気でしたが

    暴風雨の中を移動する覚悟をしていたので拍子抜けするような穏やかさ。

    道の駅スタンプラリー完全制覇を目指す私はそのチェックも怠らず

    (39)蘭越町道の駅『らんこしふるさとの丘』

    番号が飛んでると感じた人・・・あなたの記憶力は凄い。

    34〜38まで7月の初めに行ったのだけれど

    なんやかんやと下書きもしてないんだよね。



    (40)ニセコ町道の駅『ニセコビュープラザ』

    おにぎりやジャガバターを買って外のテーブルで昼食。

    今の時期は雨さえ降らなければ外で食事ができるからあずましい。



    ニセコに行ったらここをはずすことはできない!『高橋牧場』

    羊蹄山は雲に隠れていたけれどいつもの撮影スポットで

    3匹の記念撮影




    その撮影隊のドタバタぶりを撮影するぺんぎん



    そしてお約束のアイス



    (41)岩内町道の駅『いわない』

    久しぶりに戻って来た陽射しが暑くて嬉しいような嬉しくないような。



    (42)神恵内村道の駅『オスコイ!かもえない』

    泊原発の隣村で

    原発の誘致が決まって建設が始まる前に遊びに来たことがあります。

    漁業権が北電のものになっているので

    獲って食べるくらいは大丈夫と地元の方がおっしゃり

    獲りたてのウニをたらふく食べたんだよね。

    でもこれって立派な密漁?いや!時効が成立しているな。

    だって20年以上経過しているもの。

    そのころと少しも変わらない風景なのにウニを食べた場所がわからなかった。




    この日のお宿は

    積丹町の民宿『みはらし荘』

    みはらし荘と言うだけあって眼下に日本海が広がり



    リゾートチックではないけれど心が安らぐ眺め。



    3年前にワンコOKで海の幸を満喫できるここを見つけ

    ぺんぎん食べるブタ犬犬で来たんだよね。

    「大広間だけどワンコ2匹なら広い方がいいっしょ。

     ここでいっぱい走らせたらいいべさ。」

    と割り当てられた大広間。

    ちょっと広すぎるような気もしたけどあずましいのなんのって

    今回もこちらから大広間を希望しちゃったよ。



    他の部屋にはない洗面台や爆笑ものの冷蔵庫はあるし



    一畳分くらいの渡り廊下でつながっている離れだから

    遅くまで3匹が走り回っていても迷惑をかけないし。



    私たちが泊まったことのあるペットOKの民宿や旅館は

    ちょっと・・・の所が多くて他人様にはお薦めできないんだけれど

    ここはペット料金(1頭3700円)に目をつぶることができるならお薦め。

    フツーの部屋(笑)はきれいだし

    トイレやお風呂も一般家庭のような作りのものが3か所にあり広くてきれい。

    気になる方はこちらをどうぞ

    大広間には夕食を運んでくれるけど



    人が出入りする度にうるさいヤツが迷惑を・・・わからない




    3年前は『うにいっぱいコース』を頼んだら

    生ウニはもちろん焼きウニから鍋までウニだらけで食べられなくて残してしまい

    それはそれは悔しい思いをしたので

    今回は基本の『積丹海鮮満喫プラン』


     
    先 付 天然あわび酒塩煮
    前 菜 活甘えび一夜漬け・地物タコやわらか燻製 ほか
    刺 身 ひらめ・まぐろ・甘えび・活ほたて・桜ます
    焼き物 活天然あわび陶板(丸ごと1個分)
    別盛り 活天然あわび刺し
    生うに(地物は6月〜8月。期間外は地物甘塩うになど)
    カルパッチョサラダ
    磯焼き 活ほたて・活つぶ・ぼたんえび
    酢の物 地物もずく
    浜 鍋 かに、魚、野菜
    御飯漬物
    デザート 長沼アイスのソフトクリーム(ミニ)

    これに赤ウニを追加しウニ丼をどうしようかと話していると

    ご主人がウニはこんなにあるしご飯はおかわり自由だからこれでウニ丼にしなさいって。




    明けて12日(火)快晴

    朝食は食堂で食べるので私と夫が時間差で交代

    どうよ!この朝食。お決まりの朝食じゃないでしょ。



    地元美国で作られている糠麹にしん、朝イカ、

    ベーコンエッグ(無添加ベーコン、生でも美味しい余市村上農園の自然有精卵を使用)、

    美国のホッケの切り込み、プレム特製・野菜たっぷり煮込みカレー、

    イクラ醤油漬(自家製)・のり佃煮(自家製)・塩辛(自家製)、

    小女子佃煮(黒松内 田中商店)、お浸し 他、余市金子農園の有機トマトジュース、

    ご飯、漬物、味噌汁(チョーコーの無添加・麦、米味噌を使用)


    料金はこのプランで一人14000円

    (因みにホロホロ山荘は3人部屋8000円2人部屋9000円)

    民宿にしたらかなり高いけれどこのお料理なら納得できるべサ。

    これが大広間でもよしとする理由ですピース

    心もお腹も満たされて帰路に・・・っと途中で

    前に写真だけ撮ってスタンプを押し忘れた

    余市の道の駅に寄らなくっちゃ。

    ついでに宇宙記念館『スペースドーム』に入ってみました。



    宇宙遊泳を体験できるらしいブランコがあると私が言ったので

    楽しみにしていたのにリニューアルされてなくなってたし



    かいじゅうにはまだ難しかったみたいで

    ちょっとご機嫌斜め。



    でも売店に行ったらすっかり機嫌が直りました苦笑

    宇宙食のたこ焼き



    味?・・・味はたこ焼きだったよ。

    バニラアイスは冷たくないけどバニラアイスの味だったしあれ?


    この後小樽運河沿いのかま栄に寄って無事帰還。

    ケーキを持ち込んでみはらし荘でかいじゅうの誕生日をしたらよかったかもと

    チラッと思ったけれどこの順番でよかったんだよね。

    でなければ今でも怒りを引きずっていたかも。


    簡潔にまとめる力がなくてもう少し夏休みの絵日記が続きそうです。

    お時間の許す方よろしければ次回もおつき合いくださいませよろしく





















     

    くりりん&じゃじゃまる 夏休み絵日記 わけあって号外

    日記 - - くりじゃじゃ
    JUGEMテーマ:いぬのきもち

    夏になると出かけたくてじっとしていられなくなります。

    それで家族みんなに休みを合わせてもらって

    10日から12日まで2泊3日の小旅行を計画しました。

    ところが台風が日本列島を縦断中で

    10日午後から12日にかけては中心が北海道に来るとのこと。

    迷ったけれど薄日も射す天候だったので引き返すことも頭に入れながら出発車


    10日の宿泊は『ホロホロ山荘』



    我が家から中山峠経由で2時間半弱

    洞爺湖温泉から車で25分の伊達市大滝区北湯沢温泉郷にあります。



    ず〜っと昔子ども達と来た時もその後職場の送別会で来た時も

    小じんまりと落ち着いた温泉宿の雰囲気だったけれど

    自然のほかは特になにもなく経営が苦しかったのか

    名水亭・第二名水亭ができるとその傘下に入り

    67室のうち17室がペットOkの宿としてリニューアルされました。



    ペット用の足湯や



    ドッグランがあり



    広い部屋にケージを備え付け



    ペットと一緒に入れるシャワールーム(写真撮り忘れ)もあります。

    前から気になっていたのだけれど

    狂犬病予防注射・ワクチン接種証明書を必ず提示となっていたので

    抗体価検査の結果を持ってあれこれ説明するのが面倒でパスしていました。

    でも今年ワクチン接種をしてから3年になるため先日接種したので

    (そのことについては後日改めて記事にしたいと思っています)

    「これが目に入らぬか」と目の前にかざす準備をしていたのに

    提示を求められなかったあれ?

    びっちり満員で忙しくて提示を求めるどころではなかったみたい。


    昔あった25メートルのプールはなくなって

    シャトルバスで第二名水亭のプールに行くようになり

    スキー場もなくなっていた。

    昔ここのスキー場で撮った写真を見つけたので

    懐かしさのあまりUPしてみました。

    食べる息子(お兄)2歳4カ月



    女の子娘(かいじゅう母)5歳6カ月




    かいじゅう女の子を連れて第二名水亭のプールに行ったら

    狭い少ないプールでイモ洗い

    写真やビデオを撮っている人がいるのに室内プールには監視員もいないので

    (大浴場の浴槽より狭いので必要ないのかな)

    注意する人もいないし貼り紙もしていない。

    私のナイスボディが知らない人のブログに登場していたらどうしようちゅん


    6時半に夕食会場のレストランに行ったら

    混んでいて部屋で順番待ちしている人もいるとか。

    部屋で待っていたらいいのか訊くと

    廊下の椅子にかけているようにとのことだったので

    イオンのレストラン街で順番待ちしているような気分で待つこと30分以上。

    あとどのくらい待ったらいいか順番を書いた用紙を覗きに行くと

    紙は3枚あり何を書いてあるのかさっぱりわからない。

    係の女性に尋ねると

    「さっきまでここの担当だった人に聞いてきます」と行ってしまった。

    アナタはどの順番で呼んでいたの?怒り

    彼女が聞きに行ったきりなかなか戻って来ない間に我が家の番号を発見。

    3枚目のとんでもない端の方に書いてあるので通りがかった年配の男性に確認すると

    人数が多いところを別に書いているだけでウンヌンカンヌンわけのわからない説明チッ

    私たちは30分以上待っているけれどあとどれくらい待てばいいのかなあ

    呼ばれたとしても他の人たちは食事券を持っているのに

    私たちはここに来た時点で回収されちゃったけどどうすればいいのかなあとつぶやくと

    焦ってすぐに案内してくれた。

    クレーマーだと思われた?

    入って見てわかったんだけど満席ではなくあちこち空いた席があるんだよ。

    テーブルが片付いている席もあった。

    そうなんだよ!みくまなさん。

    席数の割に働いている人の数が少ない。

    そして満員の宿泊客の割に席数が少ない。

    食事券には時間帯が書いてあるのになんの役にも立っていない。

    因みに隣りで待っていた人の券は18時〜20時で

    我が家のは17時〜20時だった。

    そして娘のキツイひと言

    「使えそうな人がいないもの。

     このシーズンこうなることは毎年わかっているはずなのに

     何の手も打っていないし。」

    だって○口観光にしたら名水亭がメインで

    こっちには名水亭が取れなかった人を回して来るに違いないもの

    従業員だってバイトだってそれなりしか・・・ねえ。

    ワクチン接種の有無を確認しなかったフロントの人も

    他のフロントマンに言われるまでペット室だと気づかなかったんだよ。

    実はこの日女の子の誕生日でケーキを頼んであり

    使えそうな人(笑)から電話が来て

    レストランの従業員に声をかけるようにと言われていたから

    声をかけたら厨房に行ったもののすぐ戻って来て他の仕事を始めて

    10分たってもケーキは出て来ない怒り

    普段なら10分くらいでカリカリしないんだけど

    バイキングの料理も人数にしては少なくて最初に少し持って来て

    次に行くとな〜んにもないとかあまりにもひどい状態だったので

    また30分以上も待たされかねないと再度違う人に催促したら

    最初に声をかけた女性が慌てて持って来た怒り

    せっかくの女の子の誕生日だったのにねぇ。



    ケーキは素朴な味でおいしかったけど・・・。




    洋室に泊まるといつものことだけど

    私は家から持参の長座布団とタオルケットで

    くりりんとじゃじゃに挟まれて身動きも出来ずに就寝。




    2狆だけ部屋に残さないようにいつも時間差で食事に行くことにしており

    翌朝食は私は後組だったので現場にはいなかったけれど

    混んでいないのにまたまた席に案内される時に不手際があったようです。

    私は・・・私はご飯のジャーを開けて愕然。

    な、なんと空っぽ。

    ちょっと私の前の人!なくなったらなくなったとひとこと言って。

    なんでフタを閉めて行くの!マジで

    ここの従業員もこの宿泊者数で小さいジャーひとつなんだから

    カラにならないように気を配りなさい沈

    昔のホロホロ山荘が懐かしい。


    これで台風の直撃でもあれば踏んだり蹴ったりだったんだけど

    夜中に降った雨もひどくはなく出発する頃には上がっていました。


    ※いっ気に13日まで行こうと思っていたのだけれど

     根気が続かないためpart4に持ち越します。

    ※品よく『です・ます』体で統一するつもりだったのですが
     
     途中から怒りのあまり地が出てしまったことをお詫びいたします苦笑


    おまけの『かいじゅうの夏休みの絵日記』下書き



    ボロボロ』でなくてよかった爆笑




















     
    無料ブログ作成サービス JUGEM