ワクチン接種 前後の抗体価

予防接種 comments(10) - くりじゃじゃ
JUGEMテーマ:いぬのきもち

私がワクチンについて考えるようになったのは

2011年じゃじゃまるはすでに5種のワクチンを接種済みだったのに

旅行先の条件に8種接種のこととあり3種だけの追加ができなかったため

重ねて8種を接種したことに端を発します。

ワクチンは病気を予防すると同時に副作用も当然ながらあるわけで

外国での接種状況や

日本にも3年に1回の接種でいいとおっしゃる獣医さんがいることなどを知り

抗体価を検査し抗体があるうちは接種しないことに決めました。



それでもかかりつけの動物病院で言い出しにくく

3年に1回でいいとおっしゃる病院に変えようかと迷っているうちに

2012年8月くりりんがてんかんを発症。

てんかんを発症する原因のひとつにワクチン接種もあることを知り

抗体があるうちは接種しないという思いをさらに強くしました。




かかりつけの動物病院では

体調がいい時に接種しよう(じゃじゃまるも一緒に)と言われていたのですが

くりりんの発作が一進一退で接種できないでいる間に

時々抗体価検査のことをチラつかせた上で検査をお願いしたところ

ワクチンを接種することで痙攣発作を起こすことを心配していると思ったようで

快諾してくれました。

ここまでの経過の過去記事です

くりりん&じゃじゃまるワクチンの抗体価検査
                


 悖横娃隠廓4月』接種から1年4か月
                 基  準       くりりん    じゃじゃ

ジステンパー      512~1024倍(160)  512倍    512倍     

パルボウイルス     256~512倍(40)    512倍    512倍 

アデノウイルス儀
(伝染性肝炎)     3倍未満(40)           730倍    420倍

アデノウイルス況
(伝染性喉頭気管支炎)  3~48倍            3倍      3倍

パラインフルエンザ    3~24倍            3倍      3倍


この時はぎりぎりのものもありましたが高抗体価のものもあり

あわてて接種しなければならない値ではないという結果でした。

有料のドッグランではワクチンの証明書提示を求められますが

それ以外の施設では狂犬病予防注射済証明書の提示を求められることはあっても

ワクチンの証明書を求められることはほとんどなく

提示を求められた時も抗体価検査の結果を提示して説明すると

分かってもらえました。



2014年今年は最後の接種から3年になるので

抗体価が低ければ接種しようと決めており

接種前と接種後で抗体価にどれくらいの差があるか知るために

前後の検査をしてもらうことにしました。

この間にワクチンの量が大型犬も小型犬も同量なのを知り

かかりつけの病院で理由を訊いてみると

体重に対する量ではなくウイルスに対する量だからという答えでした。

確かに体が小さいからと言って

入って来るウイルスの量が少ないわけではないのかもしれません。

でも治療薬だったら体重で量が違うでしょ。う〜ん???




◆悖横娃隠看7月』接種直前 接種から2年7か月
               基  準       くりりん      じゃじゃ

ジステンパー    512~1024倍(160)  512倍未満    512倍     

パルボウイルス   256~512倍(40)    256倍未満    256倍 

アデノウイルス儀
(伝染性肝炎)   3倍未満(40)             420倍    180倍

アデノウイルス況
(伝染性喉頭気管支炎)3~48倍            3倍未満      3倍

パラインフルエンザ  3~24倍            3倍未満      3倍


くりりんもじゃじゃまるも抗体価が低くなり

くりりんは伝染性肝炎以外は感染の恐れがあるという結果でした。

院長はくりりんの抗体価が低くなったのは

発作でステロイドを飲むことが多かったせいではないかと言いましたが

2013年11月以降痙攣発作を起こしていないし

発作を起こしていた時にもステロイドはほとんど処方されていません。

むしろじゃじゃまるの方が首痛や腰痛でステロイドの使用が多かったのに。

もし薬のせいだとしたら発作止めのゾニサミド・臭化カリウムとビタミン剤

目の腫れによりしばしば処方される抗生剤。

あるいは眼科から処方されている体にはほとんど影響がないはずの

弱いステロイド入りの目薬。

くりりんの体質ということも・・・。



この抗体価検査のために採血した後すぐにワクチン接種。

それから2か月後に抗体価がどれくらい上がっているかの検査をすると

1週間後K先生から連絡があり

『2014年9月』接種後2か月
                 基  準      くりりん    じゃじゃ

ジステンパー    512~1024倍(160)  512倍未満   512倍     

パルボウイルス   256~512倍(40)    256倍未満   256倍 

アデノウイルス儀
(伝染性肝炎)     3倍未満(40)        1300倍   420倍

アデノウイルス況
(伝染性喉頭気管支炎)  3~48倍          3倍未満   3倍未満

パラインフルエンザ    3~24倍          3倍未満     3倍
 




アデノウィルス儀唇奮粟楴鐐阿畔僂錣辰討い覆い犬磴覆ぁ

くりりんは低抗体価で感染のリスクがあるという結果だし

じゃじゃまるもアデノウィルス況燭旅蛎硫舛歪磴なっています。

アデノウィルス儀燭藁省とも「高抗体価で感染の疑いが十分です」との結果。

3倍未満が基準値なのに1300倍なんて・・・。



K先生が製薬会社に説明を求めると

『ワクチンは何種類かあるが

この検査をした機関では一律に検査するためこんな結果が出る。

この基準値はおかしい。

自社の基準ではこれで十分感染を予防することができるが

公的な機関(とこの時はK先生が言っていた)の結果を無視するわけにはいかないので

再度詳しく検査し結果いかんでは検査機関(仮にA)に物を申したい。

そのためにもう一度採血させてもらえないか。』

と言われたのだそうです。

ネットで検索していると基準値が( )内の数値のものもあり

ずっと不思議だったのですがこれで納得。



の結果で感染を防ぐことができるのであれば

今年ワクチン接種をしなくてもよかったのではないか?

また検査の仕方や基準値がどうあれ接種後の結果は接種前と変わっていないのだから

ワクチンで抗体がつかなかったということではないのか?

2013年よりも下がっているのはどういうことなんだろう。

疑問はいっぱいあったけれど

製薬会社の結果と対処の仕方を待つことにしました。




くりりん達が接種しているワクチンはインターベット社のノビバックで

ぷりももさんに教えていただくまで知らなかったのですが

昨年農水省が3年毎でいいと認めた薬です。

ぷりももさんのブログ

そのことを知ってすぐK先生に訊ねると

製薬会社の担当者は3年に1回では不十分だと思っているし

院長もK先生もきっちり1年に1回とまでは言わないけれど

3年に1回では長すぎると考えているとのこと。

採血から50日インターベット家畜診療所での検査結果が届きました。

ぁ悖横娃隠看9月』接種後 再検査
             基  準      くりりん    じゃじゃ

ジステンパー       10倍以上       80倍     40倍     

パルボウイルス      64倍以上     2048倍   4096倍 

アデノウイルス
感 染 症        20倍以上      320倍     80倍

パラインフルエンザ     2倍以上       16倍    256倍
 

『有効抗体価以上の抗体持続が認められたので現時点では追加接種の必要はない』



公的な機関の結果でないのにこれが公に認められるのか訊くと

公的な機関というものはなくすべて民間の機関なのだと言われました。

あれれ?????

ここの動物病院での抗体価検査はくりりん達が初めてのことらしく

A機関は獣医師にとっての公的機関なのかもしれないとこれは私の推測です。

インターベットのコメントが追加接種の必要の有無になっているのに対し

A機関では感染の疑いがあるかどうかになっています。




検査の仕方や基準値がどうなっているのか私にはわからないけれど

接種前と接種後の抗体価が変わらず

2013年の抗体価までに上がっていないのは

ワクチンをしても抗体がつかないということではないのかとの問いには

「A機関がおかしい。

病院からも申し入れをしたい」とのこと。

それよりも農水省で3年に1回の接種でいいと認めたワクチンがあることを

獣医師会やトリミングサロンはじめペット関連施設に周知徹底するように

申し入れしてほしい

またワクチン接種後のワンちゃんはウイルスを排泄するのだから

ワクチン接種をしても条件によっては抗体がつかないワンちゃん

接種後時間がたって抗体価が下がっているワンちゃんが感染しないように

一定期間散歩や施設の立ち入りを控えるように指示をしてほしい


・・・・・と言えなかった情けない私です。




重要なのはワクチン接種をしたかどうかではなく

免疫がついているかどうからしいです。

高抗体価だから免疫が十分なわけではなく

低抗体価だからと言って免疫がないわけではない。

抗体価と免疫の関係は私には難解でよく理解できないのですが

ワクチンの過剰接種で免疫のつきにくい体質になることもあるようです。

過去記事にも書きましたが

私はワクチン接種が必要ないとは思っていませんし

私の考えをほかの人に押しつけるつもりもありません。

もし一人でも迷っている方がいるなら

参考にするものはたくさんあった方がいいと思ったのです。

一方的ではなくいろいろな考え方の情報を得た上で判断できたらいいですよね。




かかりつけの病院でA機関での検査料金はいらないと言われました。

「検査の意味がないから」だそうです。

(インターベットでの検査はあちらからの依頼なのでもちろん無料)

意味がない検査のためにくりりんとじゃじゃまるは3回も

プラス再検査で4回も痛い思いをしていたの?


 

くりりん&じゃじゃまるワクチンの抗体価検査

予防接種 comments(10) - くりじゃじゃ
JUGEMテーマ:いぬのきもち


4月にくりりんとじゃじゃまるのワクチンの抗体価検査をしてもらいました。



                 基  準       くりりん    じゃじゃ

ジステンパー      512~1024倍(160)  512倍    512倍     

パルボウイルス     256~512倍(40)    512倍    512倍 

アデノウイルス儀
(伝染性肝炎)     3倍未満(40)           730倍    420倍

アデノウイルス況
(伝染性喉頭気管支炎)  3~48倍            3倍      3倍

パラインフルエンザ    3~24倍            3倍      3倍



5項目のうちパルボウイルスと伝染性肝炎の抗体は十分だけれど

その他の3項目はギリギリとの結果だそうです。

あと1年は無理かもしれないけれど

今すぐワクチン接種をしなければならないということではないそうなので

12月の接種の月(2011年接種2012年未接種)に

もう一度抗体価の検査をして判断(私が)することにしました。



 こちらに貼付しております写真は、記事内容とは一切 関係ございません
 

なんであんたがここで言うてんねん






【 結果から 】


抗体価の基準 倍って何?

血液を何倍まで薄めたら抗体が消えたかを示しているのだそうです。

倍々と薄めるので例えばパラインフルエンザの場合6倍の次は3倍で

ギリギリということになってしまうのですね。

もしかしたら5倍あるのかもしれなくても。


基準値の違いは?

くりりん達の結果に書かれていた基準値は

上記の通りですが他のブログを見るとほとんどが( )の数字。

検査方法が違うのだろうか。

( )の数字であればくりりんもじゃじゃまるも

ジステンパーはギリギリではなく十分あることになるのだけれど。


感染の問題

アデノ儀拭陛狙性肝炎)のコメントは

「高抗体価です。ワクチン防御率は充分です。 
 また、感染を診るにはペアーによる抗体上昇を見る必要がありますが、
 この抗体価では、感染の疑い充分です」


と書いてありました。

これは感染しているということなのだろうか。





【私のワクチンへの思い】

そもそも私が毎年の混合ワクチン接種に不安を持ったのは

2011年の12月にワクチン接種をした後で

ワクチンは義務接種ではなく任意接種。

接種の副作用で重い障害が出たり時には死亡することがあり

それも少ない数ではない。


と知ったから。

次の接種までの1年間でどうしたらいいか考えようと思っていた2012年8月に

くりりんがてんかんの発作を起こし てんかんのことを調べているうちに

ワクチンの接種によっててんかんを起こすこともあると知りました。






接種した時すぐにアナフィラキシーショックを起こすこともあるだけではなく

過剰な接種により抗体を作りにくい体になったり

最近では甲状腺の疾患が多くなっているということでした。

その時のブログに書いたことと重複しますがしつこく書かせてもらうと

甲状腺の機能が低下すると攻撃的になったり

てんかんを発症しやすいということが分かった。

この甲状腺の機能低下が過剰なワクチン接種によって

引き起こされているということが問題になっている。

ワクチン接種によっておこる問題

・ワクチン接種後にジステンバー脳炎

・神経の障害

・自己免疫疾患(筋肉・皮膚・目のトラブル)

・アレルギー反応

・腎臓疾患

・甲状腺機能不全

・アレルギー性の皮膚炎

・てんかん

・攻撃的な行動

・白血病

・関節炎

・ガン


ジステンパー・伝染性肝炎・パラインフルエンザ・パルボウイルス感染症は

ウイルスによっておこる絶対に予防すべき最低限の伝染病。

これに対するワクチンは通常長い免疫期間を持つことがわかってきた。

だから生後間もなくの複数回とそれから1年後の追加接種をした後は

3年に1回でも免疫を持続できるものと考えられるようになってきている。






最近は3年に1回の接種でいいとおっしゃるお医者さんも増えてきているようです。

私も3年に1回の病院に転医しようかと思ったのですが

そこは遠いし今のかかりつけのM病院のお医者さんをワクチン接種以外では

信頼しているのでここで何とかならないかと考えていたのです。

院長先生は

抗体価は検査した時の値なので次の日にどうなっているかわからない

接種したことでてんかんの発作が起きるとは考えられないし


今まで問題がなかったのだから接種した方が早いし安心とおっしゃいました。






くりりん達がお世話になることが多いK先生は

きっちり1年に1回でなくても大丈夫だけれど3年に1回というのは危険。

くりりんの体調を見ながら接種しようと仰っていました。

てんかんをはじめリスクを持っているワンちゃんでも

狂犬病予防注射はしなければならないと仰るお医者さんもいるのに

M病院ではあちらから免除とおっしゃいましたし

病名はわかりませんが「しなくてもいいではなくしてはいけないんです」と

言われていたワンちゃんもいたので

きっと分ってくれるだろう

もしだめだと言われたら他の病院に行こうと決心し

抗体価検査をお願いしたのです。






K先生は次のようにおっしゃいました。

どのくらいワクチンの効果がもつかわかるので

今回検査をしてよかったかもしれない。

(ワンちゃんにより抗体価のなくなり方が違うのだそうです)

  
本当はみんな検査した方がいいのだろうけれど

検査料が高いので検査する人は少ない


※1匹26000円保険の限度が10000円で自己負担は16000円
 

 2匹で32000円でした。


高額な検査料もそうだけれど

抗体価検査を知らない人が多いのではないでしょうか。






私は抗体価検査のことを知ってから

たくさんの資料たくさんのブログを読みました。

けれど簡潔にまとめることができなかったので

もしもっときちんと知りたいと思われたなら

こちらと

(このブロガーさんは2011年11月以降ブログの更新をされていないので

 連絡の取りようがなく勝手に貼り付けさせてもらっています。

 もしなにか問題になるようでしたら教えてください。)

こちらをご覧ください。






私はワクチン接種が必要ないとは思っていませんし

私の考えをほかの人に押しつけるつもりもありません。

もし一人でも迷っている方がいるなら

参考にするものはたくさんあった方がいいと思ったのです。

ワクチン接種や抗体価検査について書かれたブログもたくさんあります。

一方的ではなくいろいろな考え方の情報を得た上で判断できたらいいですよね。


















 

狂犬病予防注射・・・くりりんは免除なんだって

予防接種 comments(10) - くりじゃじゃ
JUGEMテーマ:いぬのきもち

ゴールデンウイークに突入したので

人並みにどこかに行かなければと焦ったくりじゃじゃ

行ってきましたよォ

の人間3人++ゲストワンコ



            


          狂犬病予防注射  

この3ワンコを病院に連れていくときは家族総出なの




まず トップバッターは センターじゃじゃまる君 背番号11



前のワンちゃんがすごい悲鳴を上げたのでちょっとビビッて逃げようとしたけれど

注射は苦手じゃないのでアラッ?という間に終了。

体重4.9キロ 危なかった。

5キロになったらハイドロセラピーの料金が上がるって言われてたし

首輪カラーがきつくて作り直さなきゃならなくなったし

だから聞いてみました。

 じゃじゃはるは太っているということはないですか?

 全然太っていないですよ。ダイエットしなきゃならないこともないですし。

  くりちゃんと比べるから(笑)



そこで 2番DHくりりん君 背番号13



体重3.95キロ

火曜日に耳クリーニングとてんかんの薬をもらいに行ったときに

院長先生から日本には狂犬病はないので

リスクのあるくりりんは予防注射が免除になるとお聞きしていました。

(日本にないならじゃじゃまるも免除してもらえませんかと喉まで出かかったァ。)

今日はその証明書を書いていただいただけ。

 18日に発作を起こしたんですね。

 でも軽くすみました。前日かいじゅうが来てものすごく興奮したんですよね。

 前の発作から3か月以上あいているし 

  今のままの薬の量を続けてまた様子を見てください。



最後に 3番キャッチャー マル君 背番号3



重いし暴れたら私の力では押さえきれないのでがいつもマル係です。

診察室にはほかのワンコがいないので落ち着きを取り戻しあっという間に終了。

 9.35キロです。

 去勢した時(2年前)は6キロだったのに。

  ポタポタしてさわり心地はいいですけどね。

  今年の1月は9.1キロかあ。

 1月からならたいして増えてないですね。

 いやあ 着実に増えていますよ(笑)

 こんなに短く毛を刈って軽くしたのにねえ。

  爆 爆 爆 ・・・・・

ほらこの後姿 頭だけ見たらくりりんと同じくらいに見えるけど。




長くおつき合いいただいている方はご存じだと思いますが

マルはビションフリーゼ じゃじゃまるより半年遅く生まれた男の子


くりりんのことが大好きなので くりりんがてんかんの発作を起こしてから

あまり頻繁に行かないようにしていたけれど


お腹が床につかないように見張るためにしょっちゅう行かなくちゃ駄目かなあ。 



 追記 どうぞお許しを 

なによりも一番先に非公開にしなかったため幽霊記事を作ってしまいました。

フツー一度やったら二度とはしないなんて不遜なことを言った私をお許しください。

ぱぴまる隊長様は何個ですか?

私は確か3個目です<m(__)m>

ほかのみなさんは いくつくらい幽霊記事を作りましたか?



 
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM